北海道開拓の村


今日はお友達家族と初めて
北海道開拓の村へ行きました!
http://www.kaitaku.or.jp

 北海道開拓の村は、北海道百年を記念して作られたそうで
 開拓の過程における生活と産業・経済・文化の歴史を示す建造物等を移設、復元して保存するとともに、開拓当時の情景を再現展示して、北海道の開拓の歴史を身近に学ぶことのできる野外博物館だそうです。
初めて行った第一印象は

広い‼︎

1時過ぎに着き、4時半まで楽しみましたがまだ、見ていないところもありました。
見応えがある!
当時の様子を蝋人形が再現しています。

でも写真を撮る勇気がありませんでした

蝋人形が振り向くといたりするので
うわぁお!っと
驚いたりできるのも 楽しめます笑


こうやって今の住んでいる所が開拓されたのだなぁとしみじみ。
村の真ん中に線路があって

そこを可愛い白馬がお客を乗せて馬車を引いてくれます。

小さなお馬さんですが力持ちです。
お疲れ様
楽しませてくれて本当にどうもありがとうね

色々な建物があります。
ちなみにここは

旧青山家漁家住宅

 青山家は、安政6年(1859)山形県から渡道し、小樽沿岸を中心に鰊建網などを経営した漁家である。建網経営には番屋をはじめ網倉、船倉のほか海産干場、船入澗など多くの施設、設備を必要とした。鰊漁場の建物が、このように集約的に保存されているところは少なく、貴重な遺構の一つである。


※HPより


だそうです。


学校もありました。

学校にあった、オルガンが可愛かったな
手フート印刷の体験もできます!
印刷したポストカードはもらって帰ることができます。
他にも色々楽しめる場所もあって、また遊びに行きたいなぁと思いました。

いい一日になりました。